ジャーナリング

vol.14

いつでもオンラインでつながっている時代だからこそ、
自分だけの時間をつくりたい。

カキモリからジャーナリングのおすすめです。




『ジャーナリング』とは、思い浮かんだことをそのまま書き出していくこと。

次々と書き出すことで…

リラックスできる。

モヤモヤした頭をリセットできる。

ほんの少しの書く時間があると、

なんだか本当の自分を知れるような気がするのです。




もちろん「書く」には、
デジタルなツールを使う方法もありますが、
今回はアナログな手書きをおすすめします。

それは、何ともつながっていない時間をつくれるから。

スマホの通知や、あふれる情報にふれない時間。

「手書き」はアウトドアのように準備をしなくても
だれでも、いつでも始められるのがいいところです。


気持ちをのせるのにぴったりな書き心地のペンと、
お気に入りのノートがあれば、
それだけでも書く時間が楽しくなりますよ。




実際にジャーナリングを日課にしているスタッフにも
インタビューしてみました。




「ジャーナリングを知ってから、自分の好きなペン、インク、ノートを使って毎朝3分~5分書いています。

日々の生活の中で、ちょっとした不安やモヤモヤを感じていました。

ですが、思っていることを書き続けることで、解決のヒントを見つけられたんです。

気持ちがちょっと楽になりました。
お気に入りの道具を使っているので書くことがより好きになり、
自分の生活が少し豊かになったように思います。

朝に書くと一度気持ちを落ち着かせることができ、
良い1日のスタートを切れています。」




まずはお持ちの道具からはじめていただいても結構です。

おすすめの道具は、 ジャーナリングのClass Roomでもご紹介しますので 直接スタッフに聞いて見たい方はご参加してみてくださいね。




©2010– kakimori & inkstand by kakimori